2008年12月01日

とてつもない日本(麻生太郎)

格差社会、少子化、教育崩壊…。
メディアでは暗い話ばかりが喧伝されるが、日本は本当にそんなに「駄目な国」なのだろうか。

戦後、一度も戦争をせず、努力の末、経済的繁栄を実現した。
トヨタ、ソニー、カラオケ、マンガは言うまでもないが、日本人が考えている以上に日本は評価され、期待もされている。

悲観していても何も始まらない。
「日本の底力」をもう一度見つめ直し、未来を考えるための一冊。

とてつもない日本(麻生太郎)の続きを読む