2008年06月24日

このブログについて

昔から本を読む事が好きでした。

きっかけはと言えば。自分で言うのもアレですが、小学校で断トツトップの成績だった自分、国語と社会が嫌いでした。根っからの理系少年。

そんな小学校生活3年目。「これを読んでみなさい」と担任の教師に渡された、ミヒャエルエンデの『はてしない物語』を読み、「物語ってすげぇ!」と思ったのか思わなかったのかよく覚えていませんが、続けて渡された『モモ』に衝撃を受け(これははっきりと覚えています)、読書少年へまっしぐら。

そんな少年もいつしか大人になり、すっかりダメなサラリーマンに成り果てましたが、今でも本は読んでます。

せっかくなので読んだ本を記録していこう!と思い立ったのは何度目か。今度こその思いでこのブログを立ち上げました。

正直、感想文と言ってもかなりテキトーです。最近は宿題で出された読書感想文を、ブログやサイトからパクって提出する不届きな小学生がいるとの事なので、それを防止するためです。うそです。感想を詳しく書くのがメンドイからです。評論家じゃないしあんまりクドく書くのもね。え?この前書きがくどい?それは失礼。

なるべくネタバレしないように書いていこうと思っていますが、多少物語の核心にかすってしまってもゴメンナサイ。

テキトーに書いていくので、もし読んで下さる方がいたら、テキトーに読んでテキトーにコメント下さると大変喜びます。

何だかんだでライトノベルが多いのは許して下さい。

もしよろしければ今後ともご愛顧お願いします!