最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年12月01日

とてつもない日本(麻生太郎)

格差社会、少子化、教育崩壊…。
メディアでは暗い話ばかりが喧伝されるが、日本は本当にそんなに「駄目な国」なのだろうか。

戦後、一度も戦争をせず、努力の末、経済的繁栄を実現した。
トヨタ、ソニー、カラオケ、マンガは言うまでもないが、日本人が考えている以上に日本は評価され、期待もされている。

悲観していても何も始まらない。
「日本の底力」をもう一度見つめ直し、未来を考えるための一冊。


ご存じ、麻生総理の著書です。

一般にアニメ好きとか言われていますけど、多分そんなでもないと思うんですよね。マスコミがそう囃し立ててるだけのような気がします。

ネットで騒いでいる人達は、わかっててやってるからいいですけどね。


それはそれとして、なかなかいい事書いているように思えます。
この手の本は本人が書いているのか解らないですけどね。

ただ、それが今の行動と一致していないところがあって残念ですね。

英語が出来るなら、積極的に外交して下さい。日本の外交はねぇ。。。あれだから。。。

というわけで頑張って下さいな。民主党には負けないで下さいよ・・・。

政治への期待も込めて、おすすめ度★4つで。

とてつもない日本

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form