最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年11月04日

甲賀忍法帖(山田風太郎)

互いに憎しみあう忍者の二代勢力、甲賀と伊賀。
その垣根を越えて、甲賀の弦之介と伊賀の朧は愛し合っていた。

だが、その二人を悲劇が襲う。
それは「徳川三代将軍の座をかけ、甲賀と伊賀を戦わせる」という家康の一言であった。
命を受け始まる甲賀・伊賀の精鋭忍者各十名による死闘!敵同士となる弦之介と朧。

果たして二人の愛の行方は?そして戦いの結末は。

山田風太郎氏の代表シリーズとも言える「忍法帖」シリーズ1作目であり、「バジリスク」としてアニメ・漫画化、さらに仲間由紀恵主演の「SHINOBI」で映画化された有名な作品。

私は陰陽座→バジリスク→甲賀忍法帖で知り、SHINOBIも観た。そしてようやく小説も読んでみたのである。

正直、原作が一番面白い。
バジリスクを読んだ後だったので映像としてイメージが浮かびやすかったのもあると思うが、緊迫感のある文章に(結末を知っているにも関わらず)ハラハラしながら読むことが出来た。

それを考えるとSHINOBIはイマイチだったことを改めて再認識するわけだが(笑)、バジリスクを読んでおくとわかりやすいかもしれない。

おすすめ度★5つ。

甲賀忍法帖

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form