最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年09月30日

サニーサイドエッグ(荻原浩)

フィリップ・マーロウに憧れる私は、むろん私立探偵である。
が、やむなく、失踪したペットの捜索を請け負うこともある。

ある日、和服を着た若く美しい女性が事務所を訪れてきた。
ペット捜しならもう―「うちの猫を捜してほしいんです」はい喜んで。一カ月ぶりの仕事ではないか。
しかもそうこうするうち、なんと「ブロンドで青い目の若い」秘書まで雇えることに。

え、な、なんだこいつは!?
おまけに猫捜しも、ただの猫捜しではなくなっていくのだった…。

『ハードボイルド・エッグ』続編。最上俊平ふたたび。


前作、『ハードボイルド・エッグ』が最高に面白かったので楽しみに読み始める(ちょっと本の分厚さに気圧されたが)。

相変わらずハードボイルド(?)な主人公に笑わせてもらったが、正直、中盤以降がダレた。

連載されているものを読んだらワクワクしながら次回を待てると思うが、一気に読んでいる以上回りくどすぎる展開にちょっとイライラした。

終盤はまた展開が早くなって良かったのだが、ちょっと中盤の長さが残念でした。

おすすめ度★3つです。

サニーサイドエッグ

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form