最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年09月10日

半分の月がのぼる空(橋本紡)

いきなり入院した。僕にとってはちょっと早い冬休みみたいなもんだ。病院には同い年の里香って子がいた。
彼女はわがままだった。
まるで王女さまのようだった。
でも、そんな里香のわがままは必然だったんだ…。

里香は時々、黙り込む。
砲台山をじっと見つめていたりする。
僕がそばにいても完全無視だ。
いつの日か、僕の手は彼女に届くんだろうか?
彼女を望む場所につれていってあげられるんだろうか―?

第4回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞の橋本紡が贈る期待の新シリーズ第一弾、ついに登場。


いや、正直言って、さっぱり面白くない。

このライトノベルがすごい!にランクインしていたので読んでみたが、いやー・・・。

死にそう感も伝わらないし、死に対する恐怖とか命の重さなどのメッセージ性も薄いし、そこまでワガママ娘でもないし、周りのキャラもうーん・・・?

無免許で原付、二人乗りっておま、愚かだろと。
どうしても山に連れて行きたかったのかもしれないが、アレは、ない。

しかも、あの展開で続くの!?終わってよくね?みたいな。

8巻まで続いているようだし、アニメ・ドラマCD・マンガとメディアミックス展開されているようだが、どうもその魅力がわからない。

読み進めればわかるのかなぁ。でも読む気しないしなぁ・・・。

おすすめ度★2つです。

半分の月がのぼる空

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

おまえ糞すぎ
1巻でおもしろさを決めてしまう奴はだいたいバカだよな
お前もう死んでもいいよ

  • 2010年08月12日 10:55

コメントありがとうございます。
少なくとも1巻を読んで、惹かれるものもなく、稚拙な展開だと感じたのは事実です。

読み進めれば面白いのか、そうでないのかはおそらく読まないのでわかりませんが、匿名だと思ってひどいコメントをつけるような方が絶賛する作品なのだということだけはわかりました。

  • 管理人
  • 2010年09月24日 21:12
comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form