最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年09月05日

サウスバウンド・下(奥田英朗)

元過激派の父は、どうやら国が嫌いらしい。
税金など払わない、無理して学校に行く必要なんかないとかよく言っている。
 
そんな父の考えなのか、僕たち家族は東京の家を捨てて、南の島に移住することになってしまった。
行き着いた先は沖縄の西表島。
案の定、父はここでも大騒動をひき起こして…。

―型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた、新時代の大傑作ビルドゥングスロマン、完結編。

上巻を読み終わってから丁度1ヶ月、ようやく読み始める事が出来て昼休み×2で読み切りました。

下巻は二郎が大人になった状態から始まるかと思いきや、そのまんま子供でした。
上下巻通してほとんど時間は経ってないですね。

西表島に引っ越した一家の生活はやっぱり普通じゃない。
でも、上巻よりも父親はカッコイイですね。リゾート開発会社や土建屋が悪にしか見えません。
その辺りは善悪で割り切れるものでもないんですけどね。

少年の視点から見ているからこその展開。しかし二郎も少し大人になった気がします。家族も仲が良くなった・・・というよりも結束が堅くなりましたね。

西表・沖縄(琉球)・本土の関係や歴史を垣間見る事が出来るのも勉強になりました。

下巻だけというのも何ですが、おすすめ度★5つです。

サウスバウンド(下)

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

はじめまして、にしやんといいます。
最近めっきり読書をしなくなったので、
記事を参考に面白い本を探して見ます。
「サウスバウンド」面白そうですね。
でも、昼休み×2で読み終わるって、
かなり速読じゃないですか?

では、「応援ポチ」。

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form