2008年08月31日

とらドラ!5(竹宮ゆゆこ)

夏休みもあけて、文化祭の季節。
クラスの演しものをめぐっての男子連合と実乃梨と独身の争いや、ミスコンのクラス代表の選出など、当日に向けて徐々に雰囲気が高まっていく。

そんなある日、大河の父親が現れ、竜児と大河のなれあい関係に波紋を投げかける。
また実乃梨と亜美も、夏の別荘以来微妙な変化を見せはじめ……。
それぞれの思惑が交錯し、波乱含みで幕を開けた文化祭の行方は?

ゆりちゃんがつ、ついに三……!? とか、裏口入学系・春田の意外な頑張りなどなど、他にもいろいろ見どころ満載な超弩級ラブコメ・第5弾!

とらドラ!5(竹宮ゆゆこ)の続きを読む

とらドラ!4(竹宮ゆゆこ)

夏休み、みんなで亜美の別荘に行く事になった竜児と大河。
この機会にそれぞれ好きな人との距離を縮めたい二人だが、共倒れを避けるため一方は完全サポートに回る事に。
それを賭けて二人は勝負をするが-。

そして舞台は海辺の別荘へ。場所は違えどやっぱり暴れる大河、はじける実乃梨、真意の読めない亜美。そんな中、竜児と大河はとある作成を敢行するが、はたしてその顛末は・・・?

絡まり始めた互いの関係に要注目。
大好評の超弩級ラブコメ第4弾!

とらドラ!4(竹宮ゆゆこ)の続きを読む

しゃばけ(畠中恵)

江戸の大店の若だんな一太郎は17歳。
一粒種で両親から溺愛されているが身体が弱くすぐ寝込んでしまう。
そんな一太郎を守るべく、手代に身を替えた犬神・白沢、屏風のぞきや小鬼が身の周りに控えている。

ある夜、ひとり歩きをした一太郎は人殺しを目撃してしまう。
あやかしたちの力を借りて下手人探しに乗り出すものの…。

心優しい若だんなと妖怪たちが繰り広げる愉快で不思議な人情推理帖!
第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

しゃばけ(畠中恵)の続きを読む

2008年08月29日

らき☆すた5(美水かがみ)

オタクな女子校生・泉こなたは、好きなもののためには努力を惜しまい女の子。
そんな彼女を中心に仲良しな友達との日常を、ゆる~く描いた思わずにニヤリとするネタが盛りだくさんの内容です。

らき☆すた5(美水かがみ)の続きを読む

2008年08月28日

狼と香辛料8 対立の街・上(支倉凍砂)

ロレンスたちがローム川で耳にした、『狼の足の骨』の噂。教会勢力は、どうやらその骨を自らの権威誇示のために利用しようとしているらしい。

自分と同じ類の狼のものかも知れないその骨を、ホロが放っておけるはずもなかった。
詳しい情報を得るために、ロレンスたちは港町ケルーベで女商人エーブを待ち伏せることにする。

だがケルーベは、貿易の中心である三角洲を挟んで、北と南が対立している訳有りの町で―!?

放浪少年コルが旅の供に加わり、ますます盛り上がるホロとロレンスの旅路。
絶好調の新感覚ファンタジー第8弾。

狼と香辛料8 対立の街・上(支倉凍砂)の続きを読む

2008年08月26日

とらドラ!3(竹宮ゆゆこ)

まさに抱き合わんとしている(ように見える)ところを大河に目撃されてしまった竜児と亜美。
みなが固唾を飲んで見守るなか、はたして手乗りタイガーはどうでるのか…?

そして季節は6月、プール開きの季節。実乃梨の水着!亜美の水着!そして大河の水着!と浮かれる間もなく、竜児の身柄をめぐり大河と亜美がなぜか水泳で勝負をすることに。
実は泳げない大河は竜児と特訓を開始するが―。

イベント満載のプールシーンに要注目!
どこかヘンな面々が織りなす人気急上昇中の超弩級ラブコメ第3弾。

とらドラ!3(竹宮ゆゆこ)の続きを読む

2008年08月25日

とらドラ!2(竹宮ゆゆこ)

竜虎並び立つ!と思いきや馴れ合い関係に逆戻りしてしまった竜児と大河。
そんな二人に活を入れるかのように一人の転校生がやってくる。その名は川嶋亜美。
北村の幼なじみにしてファッションモデル。顔よしスタイルよし外面、よし。でもその本性は―?

北村に片思い中の大河は心中穏やかでなく、そんな大河に翻弄される竜児になぜか亜美が接近してきて―?

新たな女の子を加え、波乱含みの超弩級ラブコメ第2弾!

巻末には不幸体質の一年生、富家幸太と“手乗りタイガー”との接近遭遇を描く番外編「幸福の手乗りタイガー伝説」も収録です。

とらドラ!2(竹宮ゆゆこ)の続きを読む

2008年08月24日

ハリー・ポッターと賢者の石(J.K.ローリング)

ハリー・ポッターは孤児。意地悪な従兄にいじめられながら11歳の誕生日を迎えようとしたとき、ホグワーツ魔法学校からの入学許可証が届き、自分が魔法使いだと知る。
キングズ・クロス駅、9と3/4番線から紅色の汽車に乗り、ハリーは未知の世界へ。

親友のロン、ハーマイオニーに助けられ、ハリーの両親を殺した邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決までの、息を飲む展開。
9歳から108歳までのファンタジー。

ハリー・ポッターと賢者の石(J.K.ローリング)の続きを読む

百万の手(畠中恵)

僕、音村夏貴はときどき過呼吸の発作を起こす十四歳。
ある日、親友の正哉が目の前で焼死してしまった。どうして…。
悲しみにくれる僕の耳に、慣れ親しんだ声が聞こえてきた。
死んだはずの正哉が携帯から語りかけてきたんだ!
あの火事は不審火だった!?真相を探るために僕は正哉と動き出す。
少年の繊細な心の煌めきを見事に描いた青春ファンタスティック・ミステリの傑作。

百万の手(畠中恵)の続きを読む

2008年08月20日

らき☆すた4(美水かがみ)

オタクな女子校生・泉こなたは、好きなもののためには努力を惜しまい女の子。
そんな彼女を中心に仲良しな友達との日常を、ゆる~く描いた思わず共感したり、突っ込みたくなるようなネタが盛りだくさんの内容です。

らき☆すた4(美水かがみ)の続きを読む

らき☆すた3(美水かがみ)

ナンバーワンよりオンリーワン!! ゆる系4コマ漫画の決定版~

漫画にアニメが大好きな女の子・泉こなたが巻き起こす刺激的なまったり女子高生ライフ。
癒し系からアキバ系のネタまで満載の、そんなゆる~い感じのおもしろ4コマが、あなたのココロをそっと癒してくれます!!

らき☆すた3(美水かがみ)の続きを読む

愛しの座敷わらし(荻原浩)

生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。
東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。
朝日新聞好評連載、待望の単行本化!

愛しの座敷わらし(荻原浩)の続きを読む

2008年08月14日

らき☆すた2(美水かがみ)

マンガやアニメが大好きな女子校生・泉こなたは、好きなもののためには努力を惜しまない女の子。
そんな彼女と仲良し仲間の日常を、思わず共感、突っ込みたくなるようなネタ盛りだくさんで描きます。

らき☆すた2(美水かがみ)の続きを読む

2008年08月13日

らき☆すた1(美水かがみ)

マンガ、アニメが大好きな女子高生・こなたは、好きなもののためには努力を惜しまない女の子。
そんな彼女が友達と繰り広げる、思わず突っ込みたくなる、共感したくなるネタ満載で、ついにやけてしまうそんな一冊!

らき☆すた1(美水かがみ)の続きを読む

2008年08月03日

サウスバウンド・上(奥田英朗)

小学校6年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても変わってるという。
父が会社員だったことはない。物心ついた頃からたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、よその家はそうではないことを知った。父は昔、過激派とかいうのだったらしく、今でも騒動ばかり起こして、僕たち家族を困らせるのだが…。
―2006年本屋大賞第2位にランキングした大傑作長編小説。

サウスバウンド・上(奥田英朗)の続きを読む

フルメタル・パニック! 疾るワン・ナイト・スタンド(賀東招二)

雨雲を貫く爆発音!千鳥かなめ誘拐事件から2か月―平穏を取り戻した相良宗介は、ごく日常的な爆破活動にいそしんでいた。狙撃、罠、そして爆破。
だが、宗介が宗介なりの平和を享受していたそのとき、新たなる強敵は密やかに彼の背後に忍び寄っていた!『ミスリル』の美少女艦長テッサを追って、東京壊滅を謀るテログループが宗介たちに襲いかかったのだ!
邪悪な計画を阻止するため、宗介とかなめは共に夜の東京を疾り抜ける!!最先端技術を搭載した敵機―「悪魔」と恐れられる超兵器がその全貌を明らかにするとき、この街は炎に包まれてしまうのか!?ノンストップ・アクション・コメディ、早くも第3弾。

フルメタル・パニック! 疾るワン・ナイト・スタンド(賀東招二)の続きを読む

2008年08月01日

フルメタル・パニック! 戦うボーイ・ミーツ・ガール(賀東招二)

陣代高校の平和は、たったひとりの転校生の訪れとともに終わった。うなる弾丸、飛び散る薬莢、鞄にギッチリ銃器類。出てくる言葉は「キケンだ。ふせろっ!」。そう、やってきた転校生、相良宗介は、拳銃持った大ボケ君だった!彼の脳に“平和”の文字はない。勘違いで校内狙撃、思い込みで路上爆破―ケタ違いの常識外れ宗介。だがしかし!戦争ボケとは仮の姿。その実体は…世界最強の武装集団『ミスリル』のエリート戦士、相良軍曹だったのである!KGBの魔の手から、美少女・千鳥かなめを守るため、今日も相良軍曹は校内で銃を撃つ!ごく普通の女子高生かなめに隠された壮大な秘密をめぐり、今、ボケと涙と感動の戦いが始まった!!巨大スケールで描くSFアクション・コメディ、堂々見参。

フルメタル・パニック! 戦うボーイ・ミーツ・ガール(賀東招二)の続きを読む