最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年07月19日

SEのフシギな生態(きたみりゅうじ)

SEのフシギな生態(きたみりゅうじ)

アホな上司に振り回され、おバカな部下には泣かされる。外注業者は駄々をこね、クライアントは無茶を言う。「いい加減にしてくれよ…」そう言いたい気持ちをグッとこらえ、徹夜してでも納期を守る仕事人。日本経済を陰で支える縁の下の力持ち・システムエンジニアの舞台裏を描いた爆笑コミックエッセイ。就職・転職に効くノウハウも満載。

というわけで、「SE・エンジニアの本当にあった怖い転職話(きたみりゅうじ)」につづいて、きたみりゅうじ氏のSE本2冊目。

SEやってる自分から見たら「そうそう、あるある!」「いや、ほんと洒落にならんよねコレ」と思うと同時に、「ってか同じミスしすぎじゃね?」「人のせいにしすぎだろ」「あれ、何かさっき出てきた話と矛盾するような・・・」と納得いかないところもあったり無かったり。

全体的には頷ける内容ですが、なんかちぐはぐな気が・・・と思って読破、後書きを読んでみたら、

「当初の予定では自分の体験談だけで全てを構成する予定でした。ところがさすがに本一冊分ともなると何本かネタ的に足りなくなってくるんですよね。(中略)色んな会社のSEさんたちに取材を敢行させていただいたのでした。」

おいおい、そういう事は先に書きなさいよ、と。
と、思ったら前書きに書いてあったんですけどね。アハハ

おすすめ度★4つです。

SEのフシギな生態

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form