最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年07月07日

家日和(奥田英朗)

家日和(奥田英朗)

ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。
ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。

空中ブランコで直木賞を獲得した奥田英朗氏の一冊。
「家」がテーマの短編が収録されています。

■サニーデイ

ネットオークションで家の不要品を出品した事からオークションへの出品にはまった主婦。

現実にも幼い娘の古着やら下着やらを出品する信じられない母親がいるわけですが、きっかけはこんな感じなのかなぁ、と恐ろしくなります。

何事もほどほどに。


■ここが青山

この一冊の中で一番面白かったです。夫の会社が倒産、妻が働き夫は専業主婦に。

意外に家事に楽しみを覚え妻も働きがいを見つけて上手くいっている夫婦に対して、周りが「たまには悪い事だってあるさ」「少し休養を取ると思って」など気をつかったり慰める風景。

男は外で働かないといけないという常識がそうさせているんでしょうが、主夫が夢の私としては自分もこうなるのかなぁと楽しく読めたのでした。


その他4編集録。

コピーの「在宅小説」が言い得て妙。

おすすめ度★5つです。

家日和

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form