最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年07月24日

ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~下(竜騎士07)

昭和五十八年。雛見沢村をめぐる連続怪死事件に終わりは来なかった。村人に恐れ敬われる"オヤシロさま"の祟り――"鬼隠し"――は、今年も二人の犠牲者を出す。
村中に渦巻き囁かれる噂、事件を秘密裏に追う刑事、そして不可解な"仲間"の行動……。点と点が猜疑心で結ばれた時、存在するはずのない"何もの"かが前原圭一に襲いかかる――!

噂の「ひぐらしのなく頃に」、鬼隠し編の下巻です。

上巻の血なまぐさい展開を受けての下巻は、なかなか恐ろしい事になっています。

後書きで作者自身が書いているとおり、文章は若干稚拙な感が否めませんが、○○に追いかけられるシーンは逆に不気味さを増しています。

きっと○○が××を殺して○○も失踪するか殺されるんだろなぁと思っていたらほとんど予想通りでした。が、結局謎は残りっぱなし。

こんな消化不良でいいのかと思いつつ、綿流し編はこの続きなんだろうという事で一旦本を閉じました。

テレビが騒ぐほどアブない本でもないと思うんですけどね。これを読んで殺人や通り魔になる事はないと思うし、それ以上に危ない小説やゲーム、テレビ番組も沢山あると思うんですが・・・。

あくまで「今のところ」ではありますが。

同じく今のところ、
おすすめ度★4つです。

ひぐらしのなく頃に(第1話(鬼隠し編) 下)

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form