最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年07月25日

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~上(竜騎士07)

昭和五十八年、雛見沢村。
前原圭一の前に現れた、園崎魅音の双子の妹――詩音。ミステリアスな双子と戯れながら、圭一の刺激的な学校生活はいつまでも続くと思われた――"綿流 し"と呼ばれる祭りの晩に、あの"祭具殿"へ立ち入るまでは……。
これぞ小説。
『ひぐらしのなく頃に』の到達点にして新たな原点!

「第一話~鬼隠し編~」を読破し、次なる「第二話~綿流し編~」へ。

第一話の続きかと思ったら、何事もなかったかのように再び初日からスタート。
確かに第一話の終わり方から考えれば主人公が変わらない限り話が続かないわけだから当然といえば当然ですね。
ビジュアルノベルの最初の選択肢を変えて別ルートに突入・・・という感じでしょうか。

鬼隠し編がレナルートと呼ぶべきものであれば、綿流し編は魅音ルート(詩音ルート?)のようです。
鬼隠し編と同様、綿流しの日に犠牲者が出るところで話が終わります。しかし、今回は犠牲者の名前までは書かれないまま下巻へ。

鬼隠し編では書かれなかった、村の過去や伝承などが紹介されているなど、各編を読む事でようやく全容が見えてくる・・・そんな構成なのですね。

このまま下巻を読んでしまおうと思います。

おすすめ度★4つです。

ひぐらしのなく頃に(第2話(綿流し編) 上)

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form