2008年07月31日

知っておきたい天使・聖獣と悪魔・魔獣(荒木正純)

天国からの使者と地獄の住まう反逆者。表裏をなす2つの存在を徹底解説。

知っておきたい天使・聖獣と悪魔・魔獣(荒木正純)の続きを読む

2008年07月30日

週刊ダイヤモンド(08/04/19) 「為替」がわかれば経済がわかる

週刊ダイヤモンド

<特集>
「為替」がわかれば
経済がわかる

為替相場とは、要は通貨と通貨を交換するときの比率だ。これが時としていたずらをし、また実態経済や私たちの生活に大きな影響を及ぼす。為替はどう動くか? 動くとどうなるか? この先はどうなっていくのか? その謎を解き明かしながら、激変する日本経済、世界経済の本当の姿をつかんでいこう。

週刊ダイヤモンド(08/04/19) 「為替」がわかれば経済がわかるの続きを読む

ギリシア神話がよくわかる本(木村千鶴子)

ギリシア神話がよくわかる本(木村千鶴子)の続きを読む

2008年07月27日

真夜中のマーチ(奥田英朗)

自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで三田総一郎と出会う。財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のダメ社員だったミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに邪魔されてしまう。それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、美術詐欺のアガリ、10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が…!?直木賞作家が放つ、痛快クライム・ノベルの傑作。

真夜中のマーチ(奥田英朗)の続きを読む

2008年07月26日

クリス・クロス 混沌の魔王 (高畑京一郎)

MDB9000。コードネーム“ギガント”。日本が総力を結集して造り上げたスーパーコンピュータである。世界最高の機能を誇るこの巨大電子頭脳は、256人の同時プレイが可能な仮想現実型RPG「ダンジョントライアル」に投入された。その一般試写で現実さながらの仮想世界を堪能する参加者たち。しかし、彼らを待っていたのは華やかなエンディングではなく、身も凍るような恐怖だった…。第1回電撃ゲーム小説大賞で「金賞」を受賞した高畑京一郎が描き出す驚愕の仮想現実世界。日本初のバーチャルRPGノベル。

クリス・クロス 混沌の魔王 (高畑京一郎)の続きを読む

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~下(竜騎士07)

村に伝わる"綿流し"の晩、"祭具殿"に立ち入った園崎詩音(そのざきしおん)と前原圭一(まえばらけいいち)――。
禁忌を犯した二人の周りで起こる異変は、"オヤシロさま"の祟りか、それともただの事件か……?
これぞ小説。
『ひぐらしのなく頃に』の到達点にして新たな原点!

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~下(竜騎士07)の続きを読む

2008年07月25日

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~上(竜騎士07)

昭和五十八年、雛見沢村。
前原圭一の前に現れた、園崎魅音の双子の妹――詩音。ミステリアスな双子と戯れながら、圭一の刺激的な学校生活はいつまでも続くと思われた――"綿流 し"と呼ばれる祭りの晩に、あの"祭具殿"へ立ち入るまでは……。
これぞ小説。
『ひぐらしのなく頃に』の到達点にして新たな原点!

ひぐらしのなく頃に 第二話~綿流し編~上(竜騎士07)の続きを読む

2008年07月24日

ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~下(竜騎士07)

昭和五十八年。雛見沢村をめぐる連続怪死事件に終わりは来なかった。村人に恐れ敬われる"オヤシロさま"の祟り――"鬼隠し"――は、今年も二人の犠牲者を出す。
村中に渦巻き囁かれる噂、事件を秘密裏に追う刑事、そして不可解な"仲間"の行動……。点と点が猜疑心で結ばれた時、存在するはずのない"何もの"かが前原圭一に襲いかかる――!

ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~下(竜騎士07)の続きを読む

2008年07月23日

小説・秒速5センチメートル(新海誠)

気鋭の映像作家・新海誠が、最新作である連作短編アニメーションを自ら初の小説化!
“どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。”

【第一話】東京の小学校に通う遠野貴樹(たかき)と篠原明里(あかり)。二人は常に一緒にいたが、先に明里が転校し、その後貴樹も転校することに。遠く離れ離れになってしまう前に再会を願うふたり。彼らのうえで永遠と瞬間が交錯し、ふりそそぐ。

【第二話】種子島に暮らす高校三年生の澄田花苗(かなえ)の心を占めているのは、東京から転校して来た貴樹の存在。花苗にとって彼はいちばん身近で遠い憧れ。切なく揺れる思いを抱えながら、花苗にとっての夏が過ぎてゆく。

【第三話】貴樹は大学進学のため上京し、いくつかの恋をし、またそれらを失った。卒業後、ソフトウェア開発企業に就職した貴樹は、仕事で出会った水野理沙(りさ)に惹かれていくが……。

小説・秒速5センチメートル(新海誠)の続きを読む

ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~上(竜騎士07)

2007年は竜騎士07!
大ヒット同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に」が、全面改稿を経て、その原点に限りなく近い小説版として講談社BOXに登場!!

ひぐらしのなく頃に 第一話~鬼隠し編~上(竜騎士07)の続きを読む

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)

桜庭一樹の原点、青春暗黒ミステリーが単行本化!
どこにも行く場所がなく、そしてどこかに逃げたいと思っていた。そんな13歳の二人の少女が出会った。リアリストの山田なぎさと不思議系転校生の海野藻屑。すべては生きるために、生き残っていくために。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(桜庭一樹)の続きを読む

悪魔のミカタ(うえお久光)

<$MTEntryTitle$>

“宇宙人に妹をさらわれた”と言うちょっと変わった過去を持つ高校生・堂島コウ。その彼のもとに突然現れたのは色とりどりのエナメルのベルトを要所要所に巻いただけと言う奇抜(?)なファッションの少女で、しかも“自称”悪魔だった。さらにその“自称”悪魔の言うことには「一昨日あなたの望みは叶えられました。その魔力を感知して、あたしは来ました。契約を履行し、魂をいただくために」まったく身に覚えのないコウは果たして、自らの無実を証明できるのか!?それとも…。第8回電撃ゲーム小説大賞銀賞受賞のファンタジックミステリー、登場。

悪魔のミカタ(うえお久光)の続きを読む

2008年07月22日

とらドラ!(竹宮ゆゆこ)

<$MTEntryTitle$>

桜舞う四月。高校二年。新しいクラス。目つきは悪いが普通の子、高須竜児は、ちっちゃいのに凶暴獰猛、“手乗りタイガー”と恐れられる逢坂大河と出会う。そして彼女の知ってはいけない秘密を知ってしまい―。それが竜虎相食む恋と戦いの幕開けだった!いつもにこにこ、超マイペース娘の櫛枝実乃梨、文武両道、勤勉実直、だけどちょっとずれてるメガネ委員長、北村祐作も絡み、どこか変なメンツによる恋はすんなりいくはずもなく…!?『わたしたちの田村くん』の竹宮ゆゆこ&ヤスが贈る超弩級ラブコメ登場。

とらドラ!(竹宮ゆゆこ)の続きを読む

2008年07月21日

世界平和は一家団欒のあとに5(橋本和也/さめだ小判)

<$MTEntryTitle$>

「実家に帰らせていただきます」異世界よりやってきた元お姫さまにして、星弓一家の母・志乃が夫の度重なる浮気疑惑についにキレた。そんな簡単に帰れるのかよ…?という一同を置いて家を出る志乃。父・耕作とともに、軋人たちは志乃を連れ戻そうとするが、一方で彼女に近づく不穏な影があり―。海辺を舞台に志乃争奪戦の幕が上がる!?軋人の祖父にして耕作の父、大三郎も初登場!家族と世界の平和を天秤にかける物語、第5弾です。

世界平和は一家団欒のあとに5(橋本和也/さめだ小判)の続きを読む

2008年07月19日

狼と香辛料7 Side Colors(支倉凍砂)

<$MTEntryTitle$>

リュビンハイゲンでの騒動が丸く収まったことを祝し、ホロとロレンスはノーラと食事をしていた。しかし、体調を崩したホロは、不覚にも宴会の最中に倒れてしまう。そんなホロを見て、ロレンスは看病をしようとするのだが…?シリーズ初のホロ視点で語られる書き下ろし「狼と琥珀色の憂鬱」に加えて、ロレンスと出会う前のホロの旅を描いた「少年と少女と白い花」、港町パッツィオでの二人の買い物風景「林檎の赤、空の青」など、「電撃hp」に掲載され好評を博した2編を収録。絶好調の新感覚ファンタジー、“色”をテーマに綴られた珠玉の短編集。

狼と香辛料7 Side Colors(支倉凍砂)の続きを読む

SEのフシギな生態(きたみりゅうじ)

<$MTEntryTitle$>

アホな上司に振り回され、おバカな部下には泣かされる。外注業者は駄々をこね、クライアントは無茶を言う。「いい加減にしてくれよ…」そう言いたい気持ちをグッとこらえ、徹夜してでも納期を守る仕事人。日本経済を陰で支える縁の下の力持ち・システムエンジニアの舞台裏を描いた爆笑コミックエッセイ。就職・転職に効くノウハウも満載。

SEのフシギな生態(きたみりゅうじ)の続きを読む

2008年07月18日

週刊ダイヤモンド(08/07/05) 使える!経済学

週刊ダイヤモンド

<特集>
使える!
経済学
古典から行動経済学まで
話題の経済理論をカンタン応用

本特集では、日本と世界を取り巻く最前線ニュースと、関連する経済学の知識をわかりやすく整理した。体面なんて気にしないあなたも、きっと「なるほど」と膝を打つことになるだろう。

週刊ダイヤモンド(08/07/05) 使える!経済学の続きを読む

2008年07月17日

SE・エンジニアの本当にあった怖い転職話(きたみりゅうじ)

<$MTEntryTitle$>

「W.マイナビ転職」で好評連載中『きたみりゅうじのエンジニア転職百景』がついに書籍化!パワハラ、うつ症状、お金とやりがい…転職にまつわる悲喜こもごもを、温かくも鋭く描きます。

SE・エンジニアの本当にあった怖い転職話(きたみりゅうじ)の続きを読む

2008年07月15日

週刊ダイヤモンド(08/07/12) 激変!ポイントカード&電子マネー経済

週刊ダイヤモンド

特集
激変!
ポイントカード&電子マネー経済

電子マネーの2008年度末の発行残高は1兆3800億円、ポイントカードの市場規模(推計)は7000億円といわれる。どちらもいわば、企業が発行する「通貨」だが、いまや日本経済に少なからぬ影響を与え始めていると見て、金融当局もなんらかの規制を目論んでいる。そんな「疑似マネー」の実態と使い方、さらに未来図を占う。

週刊ダイヤモンド(08/07/12) 激変!ポイントカード&電子マネー経済の続きを読む

2008年07月14日

週刊ダイヤモンド(08/06/21) ヤマダ電機 異形の2兆円企業

週刊ダイヤモンド

特集
ヤマダ電機
異形の2兆円企業

ヤマダ電機が驚くべき成長を続けている。創業33年で売上高1兆円を突破し、35年の今年度は2兆円、3年後は3兆円という猛スピードだ。同社を通じて、コンビニエンスストア、スーパーを超えた家電量販店市場を読み解く。

週刊ダイヤモンド(08/06/21) ヤマダ電機 異形の2兆円企業の続きを読む

週刊ダイヤモンド(08/06/28) エアライン&エアポート 世界大激戦

週刊ダイヤモンド

<特集>
エアライン&エアポート
世界大激戦

エアバスの新型航空機A380を就航させ、ますます評判が上がるシンガポール航空。規制緩和で利便性を高め、世界の航空会社や旅客を呼び込む香港や韓国の空港。技術革新と自由化の流れに乗って攻勢をかける外国勢を前に、立ちすくむ日本勢。日本の空は大丈夫か?

週刊ダイヤモンド(08/06/28) エアライン&エアポート 世界大激戦の続きを読む

2008年07月07日

家日和(奥田英朗)

<$MTEntryTitle$>

ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。
ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。

家日和(奥田英朗)の続きを読む

2008年07月06日

クビシメロマンチスト(西尾維新)

<$MTEntryTitle$>

人を愛することは容易いが、人を愛し続けることは難しい。人を殺すことは容易くとも、人を殺し続けることが難しいように。生来の性質としか言えないだろう、どのような状況であれ真実から目を逸らすことができず、ついに欺瞞なる概念を知ることなくこの歳まで生きてきてしまった誠実な正直者、つまりこのぼくは、五月、零崎人識という名前の殺人鬼と遭遇することになった。それは唐突な出会いであり、また必然的な出会いでもあった。そいつは刃物のような意志であり、刃物のような力学であり、そして刃物のような戯言だった。その一方で、ぼくは大学のクラスメイトとちょっとした交流をすることになるのだが、まあそれについてはなんというのだろう、どこから話していいものかわからない。ほら、やっぱり、人として嘘をつくわけにはいかないし―戯言シリーズ第二弾。

クビシメロマンチスト(西尾維新)の続きを読む

2008年07月05日

フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。(きたみりゅうじ)

<$MTEntryTitle$>

フリーランスの著者と話のわかる税理士による“目からウロコ”の税金講座。

フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。(きたみりゅうじ)の続きを読む

世界平和は一家団欒のあとに(4)(橋本和也)

<$MTEntryTitle$>

家族全員、不思議なチカラを持ち、なぜか世界を巡る危機に巻き込まれ、それを解決しなければならない星弓一家。その長女、星弓彩美。炎や風の魔法を操り、運び屋なる怪しげな仕事を生業とし、家事もこなせるしっかり者。しかし酒癖が悪いのが玉に瑕。そんな彼女がいつものごとく二日酔いのある日、なぜか十歳ほどの子供の姿に大変身。そのプリティーさに周囲は沸き立つが、でもいったい彼女の身になにが!?その原因を探り、元に戻すべく軋人は調査を開始するが、かつて彩美が関わった世界の危機に関係があるようで―。今回のテーマは姉弟愛!?世界と家族の平和をめぐるお話、第4弾。

世界平和は一家団欒のあとに(4)(橋本和也)の続きを読む

世界平和は一家団欒のあとに(3)(橋本和也)

<$MTEntryTitle$>

みな不思議なチカラを持ち世界の平和を守る星弓一家。とある週末、父にして元勇者、耕作が久しぶりに帰宅することになる。時を同じくして、軋人の前に清楚なワンピースを着てごついギターケースを抱えた美女が現れる。エルナと名乗る彼女は、異世界での勇者とお姫さま時代の両親の友達だというが…!?人の良さそうな見た目に反して少し腹黒いところもあるエルナだが、軋人は次第に彼女と打ち解けていく。しかし、帰ってきた父と何かを隠しているようなエルナの間には、なぜか微かに不穏な気配が漂う。ついに動きだす事態を前に軋人の決断は―。第13回電撃小説大賞“金賞”受賞作、第3弾登場。

世界平和は一家団欒のあとに(3)(橋本和也)の続きを読む

世界平和は一家団欒のあとに2(橋本和也)

<$MTEntryTitle$>

家族全員、特殊なチカラを持ち、なぜか世界を危機から救う役割を押しつけられる星弓一家。長男の軋人は、かつて自分が倒した悪の組織の首領一家と再会する。その一家、鶴見家の父の修平は無職でしょぼくれ、長女の銀子は父を見限り失踪、末っ子の正志はそんな中すっかり意気消沈しており、家族は崩壊の危機に瀕していた。長男の啓吾に頼まれ、なんとなく後ろめたさも感じた軋人は、柚島や妹の美智乃とともに彼らの絆を取り戻す手助けをすることになるが―。悪の組織の“その後”と正義の味方のアフターケアを描く物語。

世界平和は一家団欒のあとに2(橋本和也)の続きを読む

2008年07月02日

週刊ダイヤモンド 08年5月31日号

週刊ダイヤモンド

<特集>
消費の切り札・人材の宝庫
「ガイジン様」
大争奪戦

旅行者と在留者を合計すると1000万人を超える外国人。低迷する消費に活を入れ、高い技能・技術や頭脳を誇る彼らの存在は、もはや無視することはできない。この特集では外国人を1つの市場ととらえたうえで、日本がどう生かしていくべきか探る。

週刊ダイヤモンド 08年5月31日号の続きを読む

さよなら、そしてこんにちは (荻原浩)

<$MTEntryTitle$>

世のため、人のため、そして家族のため、働き者の悲哀を描く、著者独壇場の傑作集。

さよなら、そしてこんにちは (荻原浩)の続きを読む