最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年06月16日

零崎曲識の人間人間(西尾維新)

零崎曲識の人間人間(西尾維新)

『零崎一賊』―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。“少女趣味”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!新青春エンタの最前線がここにある。

戯言シリーズ本編より零崎シリーズの方が面白い!という人は多いはず。私もである。もちろん本編を読破しているからこそ零崎シリーズが楽しめるという事もありますが。

で、今回は零崎曲識という事で「何者?」と思っていましたが、なかなか魅力的なキャラクターで。

色々なところで「零崎は1人を除いて全滅した」と何度も出てきているので結果的に彼がどうなるかはわかっていましたが、どのように結末を迎えるのかは楽しみでした。

と言っても「ロイヤルロイヤリティーホテルの音階」を読んで、ああ、最後は大体こう、拍手かな、と予想は付きましたが。その予想が当たっているかは読んでみてのお楽しみ。

しかし、相変わらず言葉遊びが上手いですね。
読みづらいとかウザいとか酷評する人も多いですが、私は好きです。リズムがいいし読んでいて面白いですけどね。好みは人それぞれです。

懐かしの伊織が出てきたり人識が活躍したりと楽しみ所満載。零識シリーズ3冊の中で一番好きです。

おすすめ度★4つです。

零崎曲識の人間人間

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form