最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年06月26日

狼と香辛料6(支倉凍砂)

狼と香辛料6(支倉凍砂)

ホロが口にした、旅の終わり―。ロレンスはそれを説き伏せ、ヨイツまで共に旅を続けることを決める。二人は、エーブを追いかけてレノスの港から船で川を下る。途中、船が立ち寄った関所では、厄介ごとに巻き込まれている様子の少年の姿があった。ロレンスは、図らずもその少年・コルを助けることになる。そして、訳ありらしいコルの故郷の話や、船乗りたちの噂話を聞くうちに、二人はヨイツに関する重要な言葉を耳にしてしまい―。絶好調の新感覚ファンタジー、シリーズ初の、船での旅の物語。


図書館から利用可能メールが来たものの、あいにくの雨模様で自転車が使えず、会社帰りに取りに行く事が出来ないので諦めようとしたその時。

「早く読んでくりゃれ?」

という賢狼の声が聞こえた気がして(バカ)、会社からタクシーで図書館に寄ってそのまま自宅に帰るという離れ業をやってのけました。1430円。
本屋で新品買った方が安かったですが何か?

まぁ目的は別にもあったので、べ、別にこの1冊のために1430円払った訳じゃないんだからねっ!
はい、こっそり会社に領収書提出してみます。

さてさて、イヤでも旅の終わりが近づいてきた事もあり、ニヤニヤする展開よりドキドキしてしまうやりとりが多い今日この頃。

未解決に終わった事件を今回は引っ張っているので、初の2巻またぎとなりました。

今回もロレンスと商人の丁々発止なやりとりはありません。初の船旅、一緒に旅をしてきたお馬さんもお休みです。

全体的にのんびりまったりな感じで、あっさり読み終わりました。

気になる終わり方をしつつ、次巻以降どうなるか楽しみですね。
オジサンが心配なのは、生意気キャラに変わっていかないかです。誰がかって?そりゃ彼ですよ。
一番ありがちで、かつ一番読んでいて不快になるケース。魔術師オーウェンもそれで途中で辞めましたから・・・。

おすすめ度は★3つです。

狼と香辛料(6)

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form