最近読んだ本

  1. ゼロの使い魔(ヤマグチノボル)
  2. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない2(伏見つかさ)
  3. トライアングル(新津きよみ)
  4. 裸者と裸者・上(打海文三)
  5. 男の掃除(佐光紀子)
  6. 獣の奏者II 王獣編(上橋菜穂子)
  7. 獣の奏者 I 闘蛇編(上橋菜穂子)
  8. 獣の奏者1(上橋菜穂子)
  9. Hyper hybrid organiz 00-01(高畑京一郎)
  10. 妖怪馬鹿完全復刻(京極夏彦)
  11. 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(伏見つかさ)
  12. 容疑者Xの献身(東野圭吾)
  13. アコギなのかリッパなのか(畠中恵)
  14. 生協の白石さんお徳用エディション(白石昌則)
  15. とらドラ!9(竹宮ゆゆこ)
  16. タイム・リープ・下(高畑京一郎)
  17. ララピポ(奥田英朗)
  18. とてつもない日本(麻生太郎)
  19. 狼と香辛料9 対立の街・下(支倉凍砂)
  20. 泳いで帰れ(奥田英朗)

レビュー検索


2008年06月22日

狼と香辛料5(支倉凍砂)

狼と香辛料5(支倉凍砂)

テレオの村を後にしたロレンスとホロは、ホロの伝承が直接残るという町・レノスを訪れる。
ホロはのんびりとヨイツの手がかりを探したがるが、ロレンスは商売への好奇心を拭えないでいた。
そんな中、ロレンスは宿屋で出会った商人から大きな儲け話を持ちかけられる。
それにはホロの協力が必要不可欠だった。 しかし、その商売の方法がとんでもないもので--。
毛皮と材木の町・レノスを舞台に、2人の関係に大きな転機が訪れる!?
ますます絶好調のエポックファンタジー・第5弾!

現在手元にある中では最後の巻、5巻を読み終わりました。

何というか、一区切りという感じですね。
ちょうど手持ちの分を読み終わったから・・・というのもありますが、今まで言えなかった旅の終わり話とか。寿命の長い賢狼と寿命の短い人間なんだからとか。
いつかは別れが来るわけだから。うん。
ロレンス君の対応がこなれてきてしまっている事に危機感を持っていた自分としては「ほれ見た事か」みたいなね。やれやれ。

個人的にはいい終わり方だったと思いつつ、気になるのは今回の事件は次巻に引っ張るのか、次巻はまた別の話でスタートして「前の街では・・・」みたいにちょっとした回想で終わってしまうのか。

結末が気になるので前者であってほしいですが、あそこから続いて1冊持たないよなぁ、とも思ったり。あー気になる。早く読みたい!

おすすめ度★4つ。

狼と香辛料(5)

クリックにご協力下さい!(´ー`)目指せ100位以内♪

comments

comment form

(サラリーマンの読書感想文 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form